睡眠や運動の時間を確保する

看護師の仕事は長時間にわたることも多く、また不自然な姿勢をとることも多いので疲労がたまりやすくなります。
疲れたままでは正しい判断をすることは難しくなり、体の動きも思うようにいかなくなって仕事に影響を及ぼしてしまいます。
疲労が積み重なると免疫力なども低下して病気にかかりやすくなり、仕事ができなくなることもあります。
病院で働く場合は特に病気にかかりやすい環境と言えます。
看護師が病気にかかってしまうと、患者にも影響が及びやすくなるでしょう。
疲労を溜めないようにして健康を維持していくことが、看護師の仕事をしていく上での基本です。

まずは疲労回復の方法として、睡眠をきちんと確保するということを考えてみることが大事です。
看護師は夜勤などもあって不規則な生活になりがちで、家族や友人との関係で少し無理をして睡眠時間を削ってしまうこともあるでしょう。
しかし不規則だからこそ、意識的に睡眠を取るようにしていく必要があります。
用事なども優先順位を付け、重要なこと以外は控えて睡眠時間を確保するようにしてみましょう。

また、逆に体を動かす時間を持つということも有効です。
いくら仕事で体を動かしているといっても、業務中はどうしても限られた動きになりがちです。
全身を動かす運動を取り入れていくことでバランスが良くなり、適度な疲労で深い睡眠を取りやすくなります。
自分なりに疲労回復の方法を見つけて実践していきましょう。