休息時間を確保する

一般的な総合病院で勤務することになった看護師の場合、入院患者や急患の応対をしなければならないので、ローテーションで夜勤に入る必要もあります。
そのため、必ずしも日中だけ勤務していれば良いということではありません。
もちろん勤務する病院によっては、夜勤をしなくて良いケースはあります。
しかし、入院患者が大勢いるような大きな病院で勤務する場合は夜勤をすることが求められ、ローテーションを組んで働くのが普通です。
この時に大事になるのが、休息をどのようにして取るかという点です。
なぜなら、夜勤だけでなく日勤もこなさなければならないので、どうしても睡眠の確保が難しくなるためです。

この時に休息の時間をどのように確保していくかを考えないでいると、休息を取るべき時にしっかり休息を取れないことになります。
しかし、そういった不規則な時間帯で働くことになる看護師の中にも、問題なくしっかり仕事をこなしている人は大勢います。
それは、休息の時間を大切にしていて、ローテーションごとにどの時間に休息をしっかり取るかを決めているためです。
逆にそれができずに好き勝手に休息しようとすると、看護師の仕事は続かないでしょう。
日勤の時はこの時間に睡眠を取り、夜勤の時はこの時間に睡眠を取るという風に決めて行動しなければ、勤務時間に眠気が襲ってきたりと危険な状態になります。
最悪不眠症にもなりかねないので、看護師の仕事をするなら休息の時間を意識して確保しなければなりません。