自分なりの体調管理方法を見つける

看護師の中には、夜勤の後に日勤という変則的な勤務体制であることから、体調を崩してしまう人も多いです。
人手不足で自分にしか担当できない仕事があったり人命を預かる責任感から、体調を崩して仕事を休んではいられないという人もいるでしょう。
そのため、体調管理は非常に重要です。
ここでは、体調管理方法としてどのようなものがあるかを紹介していきます。

まず、うがい手洗いを入念に行うことです。
当たり前のことだと思う人もいるかもしれませんが、丁寧に行っても菌が残っている場合があります。
そのため、どのようにうがい手洗いを行うのが効果的なのかを、改めて確認して取り組む必要があります。
次に、食事をバランスよくとることが挙げられます。
同じような献立にならないよう、調理方法を工夫するなどして栄養をしっかりと摂ることが大切です。
そんな時間は無いという人もいるかもしれませんが、食事は体調管理の基本なので、どの食材にどのような栄養素があるのかをしっかりと調べ調理する必要があります。
次に、睡眠です。
眠れる時に、きちんと眠ることが大切です。
少し眠るだけでも体調が全く違うので、例えばヒーリングミュージックをかけたりアロマを焚いたりなどして良、質な睡眠を確保すると良いでしょう。

このように、体調管理方法は様々です。
看護師は休日でも休憩中でも患者の容態によっては急な出勤要請がかかることもあるので、体調を常に良好に保つためにしっかりと体調管理を行う必要があります。