しっかりと体力を付ける

知識や技術はもちろん必要ですが、看護師にとって重要な資質は体力であると言えます。
どんなに看護師としての腕が良かったとしても、肝心の体がついていかなければ仕事を続けることはできません。
世間一般的に看護師は医師のお手伝いというイメージがありますが、基本的には立ち仕事で、仕事中に座ることはほとんどありません。
急患が運ばれてくるような忙しい現場では、スピードも大切なので走り回ることもあります。
また、高齢化に伴い、病院を受診する高齢者の数もどんどん増えています。
その際のストレッチャーや車椅子への移動、体位交換なども看護師がこなす業務となります。
患者の全体重が体にのしかかってくる訳ですから、1日の仕事が終わった後は体が疲弊するほどクタクタの状態です。
そして夜勤もシフトに組み込まれる所だと生活リズムを整えるのも大変で、寝不足などを引き起こしてしまいます。

このように看護師は見た目と違って、実は肉体労働が多い仕事と言えます。
過酷でハードな仕事をこなしていくには、普段から運動するなどして体力づくりに努める必要があります。
夜勤が入ると生活リズムが狂いやすくなりますが、自分だけが特別厳しいシフトで働いている訳ではありません。
夜勤を理由に頻繁に体調を崩しているようでは、他の同僚に迷惑をかけることになるでしょう。
看護師は交代制なので、自分のせいでローテーションを崩さないためにも、普段から食事や睡眠の自己管理をしっかり行う事も仕事の一つです。

※具体的な自己管理方法やその他の解決策>>体力の限界です!